なぜローカル環境でwordpressを開発する必要があるのか

こんにちは!くまぺです。

wordpressのカスタマイズをするときには、ローカル環境で開発するという方法があります。

ローカル環境はwindowsではXAMPP、macではMAMP、その他Vagrantなど色々ありますが、ローカル環境でwordpressを開発するとどんなメリットがあるのでしょうか。

結論から言うと、ローカル環境なら最小限のリスクでwordpressのカスタマイズができるんです。

今回は、「なぜローカル環境でwordpressを開発する必要があるのか」について詳しくご紹介します。

ローカル環境と本番環境の違い

まず、ローカル環境と本番環境(実際にサイトを公開する際に使うレンタルサーバーなど)の違いについて説明します。

本番環境でカスタマイズする場合、カスタマイズしている間もサイトは公開され続けています。

「一旦非公開にして、カスタマイズが終わったらまた公開する」ということももちろん可能ですが、その間に見に来てくれる人がいるかもしれないし、なるべくサイトは公開したままカスタマイズしたいですよね。

一方、XAMPPやMAMPなどのローカル環境では、サイトがネット上に公開されないので、自分で好きにカスタマイズすることができます。

特に自由にテストできると言うのが大きな利点で、本番環境ではリスクのあるテストも、ローカル環境ならサイトに影響なく試すことができるのです。

ローカル環境でwordpressを開発する理由

ローカル環境でwordpressを開発する主な目的は3つあります。

  1. 安全にプラグインをインストール、アップデートするため
  2. テンプレートファイルやcssをカスタマイズするため
  3. その他動作テストをするため

もしプラグインを使わなかったり、テーマやcssのカスタマイズをしない場合はローカル環境は必要ありません。
ですが、wordpressにおいてプラグインは必須と言っても過言ではないですし、他のサイトとの差別化やSEO対策のためにカスタマイズすることも多々あるかと思います。

なのでwordpressでウェブサイトを運営している方はぜひローカル環境を作ることをおすすめします。

さて、それぞれの目的について詳しく見ていきましょう。

安全にプラグインをインストール、アップデートするため

wordpressにおいてプラグインはとても便利で、ほぼ必ずと言っていいほど使いますよね。
サイトの運営やアレンジを助けてくれるプラグインですが、時には正しく動作しないこともあります。

インストールしてみたら思うように動かない、テーマと相性が悪いなどの問題が起きる恐れがあります。

そのため、ローカル環境で一度プラグインが正しく動くか確認する必要があるのです。

新しいプラグインを本番環境でいきなり使うのはリスクがあるので、一旦ローカル環境で動かしてみるのがいいですね。

テンプレートファイルやcssをカスタマイズするため

これが一番多いですね。

サイトのデザインを変更したり、SEO対策をしたりするために、テーマファイル(テンプレートファイル)やcssをカスタマイズすることがあります。

テンプレートファイルやcssのカスタマイズで、以下のようなことができるようになります。

  • SEO対策のためにheaderにmetaタグを入れる
  • トップページに新着記事や人気記事を好きなように配置する
  • 見出しの色や文字の色を変更する

テンプレートファイルとcssは、wordpress管理画面の[外観]→[テーマの編集]からカスタマイズすることができます。

ここで問題なのが、カスタマイズはコピペだけだとしても、テーマとの相性が悪いなどの理由でうまく表示できないことが多々あるということです。

本番環境だとカスタマイズに失敗してレイアウトが崩れている間も公開され続けますし、時間をかけて大きなカスタマイズをすることは難しいです。

そこで、ローカル環境を使うことで、正しく表示できるまで開発できます。

また、カスタマイズが終わってから本番のサイトに適用すればいいので、自分のペースで開発することができます。

その他動作テストをするため

プラグインやテンプレートファイル、cssなどのテストがリスクなくできるのもローカル環境の魅力です。

それだけでなく、テーマやwordpress自体のアップデート、PHPやJavascriptの動作チェックもすることができます。

「こんなのを作ってみたい!」と思った時に、好きに試すことができるのは便利ですよね。
htmlやcssなどWeb言語の練習にも役立ちます。

どのローカル環境を使うべきか

冒頭に書いたように、ローカル環境にはXAMPP、MAMP、Vagrantなど様々な種類があります。

チームなどで開発する場合は共有などの面でVagrantを使う方が良いですが、個人でwordpressをいじる分にはXAMPPやMAMPで十分だと思います。

環境構築もXAMPPやMAMPの方が簡単です。CUIに苦手意識のある方もいると思うので。

というわけで、ローカル環境はwindowsならXAMPP、macならMAMPをおすすめします!

おまけ:ファイル管理も簡単

もしかしたら「レンタルサーバーにもう一個テスト用のサイト作ればいいんじゃね?」と思う人もいるかもしれません。

しかし、ローカル環境ならファイルの管理がめっちゃ楽です。

レンタルサーバーだとテンプレートファイルや画像ファイルを管理する時にFTPソフトが必要ですよね。
でも、ローカル環境ならファイルがローカルにあるので、FTPソフトを使わずに管理できます。

接続したり送信されるのを待ったりする時間がないおかげで快適に開発できます。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

wordpressのカスタマイズをする際にはぜひローカル環境でやりましょう。

何度ミスっても大丈夫ですし、本番環境でやらかした時のように冷や汗をかかずに済みます。笑

XAMPPやMAMPならインストールや設定もそこまで難しくないので、ぜひ使いましょう。

ではでは〜