引っ越しで出た粗大ごみを処分するのにかかった費用と手順まとめ【大学生一人暮らし】

こんにちは!くまぺです。

ここ数日は知人の引っ越しの手伝いをしていました。

引っ越しともなると、粗大ゴミがまあ大量に出るわけです。

今回の引っ越しでは、粗大ゴミの処分費用として約19000円かかりました。

ゴミを捨てるだけなのにこんなにお金がかかるんですね…

今回は粗大ゴミの処分にかかったこの19000円の内訳と、それぞれの処分方法についての話です。

最後にも書くのですが、引っ越しの片付けの際は余裕を持って日程を決めましょう!

ご注意ください
ごみの処分方法は各自治体によって異なります。
この記事は私の地区の場合にかかった費用ですので、必ずお住いの自治体の処分方法についてご確認の上ゴミを処分してください。

処分した粗大ゴミ

処分した粗大ゴミは以下の通りです。

  • 冷蔵庫
  • スプリング入りマットレス
  • ベッドフレーム
  • テーブル
  • いす
  • 布団
  • 物干し竿
  • カラーボックス
  • ギター
  • 姿見

引っ越しにあたり、買い換えるものや不要になったものを処分することになりました。
(ベッドと布団がありますが、布団は客人用だそうです)

粗大ゴミは主に自治体に回収してもらうのですが、冷蔵庫とスプリング入りマットレスは自治体で回収ができなかったので、不用品回収業者に依頼しました。

特に、エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機は家電リサイクル法の対象機器なので自治体に回収してもらえません。
購入したお店に引き取ってもらうか、自治体が許可していれば回収業者に収集してもらう必要がありますので気をつけましょう。

処分にかかった費用の内訳

処分費用約19000円の内訳は以下の通りです。

  • 冷蔵庫の処分 7000円
  • スプリング入りマットレスの処分 7000円
  • その他自治体に回収してもらった粗大ゴミの処分 5000円

諸事情で冷蔵庫とマットレスを別々の業者に処分を依頼したので、結構高くなってしまいました。

業者に依頼する場合の費用は、

  • 基本料金(交通費、出張費)
  • 回収費(処分費)
  • オプション料金(スタッフ追加サービス、時間外サービスなど)

の合計となることが多いです。

一方、自治体に回収してもらう粗大ゴミは、1つあたり300〜1200円ほど。

私の自治体では300円〜2000円(品目による)のシールをコンビニなどで購入し、粗大ゴミに貼って指定の場所に置いておくという回収方法でした。
一人で持ち上がるくらいのものであれば1つ数百円で回収してもらえるので割と安いですね。

粗大ゴミの処分の手順

不用品回収業者に依頼するものは、業者に電話をして、

  • 何を回収するか
  • 住所や名前、連絡先など
  • 回収日時

などを連絡します。

連絡後、指定の日時に業者の方が来て回収、代金を支払って完了です。

一方自治体に処分してもらうものは、

  1. 自治体に電話やネットなどで申し込む
  2. 指定の料金のシールをコンビニなどで買って粗大ゴミに貼る
  3. 指定日の朝までに指定場所に置いておく
  4. 回収してもらい完了

という流れでした。

自治体に回収してもらう場合は先にシールの購入という形で料金を払う必要がありますが、回収の際に立ち会わなくて良いので便利ですね。

粗大ゴミの処分は日程にも余裕を持って!

今回僕らは業者や自治体に処分してもらいました。

引っ越しの際の不用品処分にはリサイクルショップに買い取ってもらう方法もあるのですが、量が多く車で運びきれなかったため、仕方なく処分してしまうことに。

粗大ゴミの回収は、基本的には数日かかるので、早めに片付けを始めましょう。
ギリギリになると回収日が家を引き払った後になってしまったりして即日対応の業者に依頼しなくてはいけない、なんてことになる可能性もあります。

お引越しは計画的にやりましょう!

ではでは〜