【アコースティックギターとエレキギター】初心者におすすめなのはどっち?

こんにちは、くまぺです。

ギターには大きく分けて2つ、アコースティックギターエレキギターの2種類があります。

これからギターを始める方にとってはどちらから始めるか、迷いどころですよね。

今回はそれぞれのメリットやデメリット、初心者の方にはどちらがおすすめなのかを紹介したいと思います。

アコースティックギターとエレキギター、それぞれの特徴を比較してみましょう。

アコースティックギターの特徴

アコースティックギターの特徴は以下のとおりです。

  • 生音が大きい
  • 弦のテンション(張る力、弦を押さえるのに必要な力)が強い
  • 音が出る構造がシンプル

では、それぞれの特徴について詳しく解説します。

生音が大きい

アコースティックギターは生音(アンプなどに繋がず本体だけで鳴る音)がエレキギターよりも大きいです。

これはアコースティックギターに空いている穴で音が響くためです。

実際に静かな部屋で弾くと結構響くので、アパートで一人暮らしをしている人などは近所迷惑になってしまうかもしれません。

演奏する環境とアコギが弾けるかどうか相談しましょう。

また、この生音の大きさはアコギの魅力でもあります。

アンプや電源がない環境でも、部屋くらいの広さなら聞こえるような大きい音を出すことができます。(アンプほどの大きい音は出ません)

また生音による音の温かさもあります。

アコギ本体が響くことで優しい音が生まれてくるのです。

弦のテンションが強い

アコギはエレキギターに比べて弦のテンションが強い(押さえる力が必要ということ)です。

なので、最初は押弦するのに苦労するかもしれません。

エレキギターよりも指の強い力が必要になります。

アコギで難なく弦を押さえられるようになったらエレキの押弦は楽になります。

逆に、エレキからアコギに持ち替えるとより多くの力が必要になります。

なので、アコギを弾くとエレキよりも押弦の力が鍛えられます。

音が出る構造がシンプル

先ほど説明したように、アコギは本体の穴で響いて音が出ます。

なのでエレキギターのように、ピックアップで音を拾って回路を通ってシールド、アンプに…といった複雑な流れはありません。

そのため、音が出ないようなトラブルはエレキに比べて圧倒的に少ないです。

それでは続いて、エレキギターの特徴を見ていきましょう。

エレキギターの特徴

エレキギターの特徴は以下のとおりです。

  • いろいろな音が出せる
  • 弾きやすい形状になっている
  • 大音量で演奏できる

こちらもそれぞれ特徴を解説します。

いろいろな音が出せる

エレキギターはアンプやエフェクターを使うことでいろいろな音が出せます。

特に、ロックバンドでよくある「ジャー」と歪んだ音はエレキギター特有の音ですね。

歪ませた音以外にもやまびこのように音を反復させる「ディレイ」、音に広がりを持たせる「コーラス」、音をワウワウ言わせる「ワウ」など、多種多様な音を出すことができ、その音色は無限の可能性を秘めています。

アコースティックギターは基本的に本体の鳴る音しか出せませんが、エレキギターは実に様々な音を奏でることができるのです。

弾きやすい形状になっている

エレキギターはアコギよりも弾きやすい形になっています。

まず先ほど述べたように弦のテンションが弱いので、アコギよりも少ない力で押弦することができます。

また、ボディが薄いので体から近い距離で演奏することができます。

ハイポジションといわれる高い音を出すために押弦するところもボディがカットされて弾きやすいようになっています。

なので、エレキギターは速弾きやハイポジションを使った演奏をするのに向いているといえるでしょう。

大音量で演奏できる

エレキギターはアンプにつなげることで大音量で演奏することができます。

大きな会場でもアンプを使うことで多くの人に音を届けることができます。

エレキギター自体の生音は小さいです。

騒がしい場所では自分で引いているギターの生音さえも聞こえにくくなってしまうでしょう。

ですがアンプに繋げばドラムの生音よりも大きな音を出すこともできます。

大音量で演奏できるというのはエレキギターの大きな特徴ですね。

アコギは大音量は出せないのか?

アコギではエレキギターのような大音量は出せないのかというと、そうではありません。

アコギにはエレアコ(エレクトリックアコースティックギター)と呼ばれるものもあります。

これはアコギにピックアップなどがついており、アンプに繋げて大音量で演奏できるアコギです。

なのでエレアコを使えばエレキギターのような大音量で演奏することもできます。

大きな会場で演奏するバンドミュージシャンなどはアコギをつかうときにエレアコを使うことが多いですね。(弾き語りのときなどは生音を立てたマイクで拾う場合もあります)

エレアコには元からピックアップなどがついているものもありますし、アコギに後から取り付けてエレアコにすることもできます。

ギター初心者におすすめなのは?

僕が初心者の方におすすめしたいのは、スバリエレキギターです。

理由はいくつかあるのですが、まずは弾きやすいことが挙げられます。

エレキギターはアコースティックギターよりも弾きやすいです。

弦のテンションは弱いですし、形状的にも演奏しやすいです。

ギターの弾きやすさというのは、練習のモチベーションにつながります。

僕は始めたてのころは演奏する楽しさを覚えることが大切だと思っています。

なので弾きやすさというのは練習の継続に大きく影響するものだと考えています。

また、エレキギターはいろいろな音が出せるため、音作りを学ぶことができます。

エレキギターで演奏するときに自然とアンプやエフェクターを使うため、それらの使い方やイメージした音の作り方を学ぶことができます。

音を作っていく上で耳も同時に鍛えられるので、早いうちからいろいろな音に触れることができるのです。

「エレキギターからアコースティックギターに替えたときに苦労しないのか」と悩むかもしれませんが、僕の場合は全然問題ありませんでした。

確かに弦を押さえる感覚に慣れるのに少し時間はかかりましたが、エレキがある程度弾けるようになっていればあまり苦労はしません。

エレキギターを弾いていても指の皮は厚くなりますし押弦する力もつくので、アコギへの乗り換えはそれほど高い壁ではないです。

弾きたい方を弾くことが大切

エレキギターをおすすめしましたが、結局はどんな演奏をしたいかが重要です。

アコギを弾く曲を演奏したいならアコギを、エレキギターを弾く曲を演奏したいならエレキギターを始めましょう。

それはモチベーションにも大きく影響します。

それぞれに出せる音があるので、自分のしたい演奏に合わせてギターを選ぶことが大切です。

見た目で選んでも良いでしょう。

好きなアーティストと似たモデルだったり、一目惚れした形だったり。

これもモチベーションに大きく関わってきます。

練習をする上で、また練習を続けていく上でモチベーションを保つことはとても重要です。

やる気が十分にあれば技術面での困難はある程度乗り越えられるので、ぜひ自分の目指すギタリストイメージに合ったギター選びをしてみてください。

おわりに

いかがでしたか。

アコギにもエレキにもそれぞれ違う魅力があります。

最初はどちらのギターで始めるかとても悩みますよね。

この記事が少しでもギター選びの参考になれば嬉しい限りです。

よく考えて、自分に合った方を選んでギターライフを楽しみましょう!

それでは。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください