【スマホvsパソコン】文字入力が速いのはどっち!?[検証してみた]

こんにちは!くまぺです。

みなさんは普段、文字を打つときにスマホとパソコンのどちらを使いますか?

僕は長文を打つときはパソコン、SNSなどの短い文章を打つときはスマホで併用しています。
みなさんの多くはこの併用スタイルだと思います。

そして長文を打つときにパソコンを使う理由の一つが、「パソコンの方が文字を速く打てそうだから」ではないでしょうか。

しかし、本当にパソコンの方が文字入力が速いのでしょうか?

私は普段パソコンでメールを打っているのですが、先日スマホでメールを打たないといけない状況になりました。
長いメールを書く予定だったので「結構時間かかるかな・・・」と思っていたのですが、意外と速く打ち終わってしまいました。

ここで、一つの疑問が生まれたのです。

お、これは・・・?

くまぺ
もしかしたら、パソコンよりスマホの方が文字入力が速いのでは!?

というわけで、今回は
本当に文字入力が速いのはスマホとパソコンのどちらなのか
を検証してみました!

おことわり
今回の検証結果はあくまで私個人の検証結果です。
結果には個人差がありますので、ぜひみなさんもどちらが文字を打つのが速いのかチェックしてみてください。

スマホとパソコンの特徴

検証の前に、スマホとパソコンでは文字入力にどんな違いがあるのかを見てみましょう。

スマホでの文字入力

スマホで文字を打つときは、

  • フリック入力
  • 予測変換がある

といった特徴があります。

特に強いのは予測変換ですね。
これがパソコンとの勝敗を大きく左右するのではないでしょうか。

また、ユーザ辞書によく使う単語を登録しておくと入力効率が跳ね上がります。
(おせわ→お世話になっております、よろしく→よろしくお願いいたします など)

ただし、今回はユーザ辞書は登録せずに入力速度を計ります。
あくまでスマホの予測変換のみを使います。

くまぺ
ちなみに僕がスマホを使い始めたのは高校2年生の時からなので、フリック入力歴は6年です!

パソコンでの文字入力

一方パソコンで文字を打つときは、

  • タイピング
  • 手動で変換する(Windows)

といった特徴があります。
スマホと違って予測変換が無く、スペースキーを使って手動で変換するので、文字を変換する速さでも入力速度が変わりそうです。

ちなみに、Macの場合は入力しながら自動で変換してくれる“ライブ変換”という機能があります。
なので今回は、

  • Windowsのスペースキーを使って手動で変換した場合
  • Macの自動変換を使って変換した場合

2通りを計測します。
(Macの計測結果はかっこ内に表示します。)

くまぺ
ちなみに僕がパソコンを使い始めたのは小学5年生の時からなので、タイピング歴は12年です!

12年といっても普通に使ってたくらいなので、めっちゃ速いとかではありません。
イータイピングの腕試しレベルチェックで平均ランクAくらいです。参考までに。

検証条件

入力するテキスト

今回は、入力する文章を3つ用意しました。
それぞれ

  • LINEの会話で使いそうな文
  • ブログで書きそうな文章
  • ビジネスで使いそうな文章

となっています。

(文や文章はくまぺが考えたものです。すみません。
なるべくバランスよく色々な文字や数字、記号などを入れました。)

LINEの会話で使いそうな文

一つ目の文はこちら。

おはよう
こんにちは。
こんばんは!
またねー
さようなら〜
了解!
承知しました。
ごめんなさい・・・。
すみません!
元気?
お大事に〜
うん、いいよ。
なるほど・・・
間に合った?
15:45に集合でどう?
1080円(税込)だよ^_^
野球観戦行かない?
遠慮しておくよ
シュークリーム食べたい
クレジットカード忘れた
TwitterのID教えて!
Instagramやってる?

文字数:172字

LINEに関しては文章を作るのが難しかったので短文をまとめました。
あいさつ、時間、料金、漢字、カタカナ、英字といった様々な文字を含んだ文の集まりです。

ブログで書きそうな文章

二つ目の文章はこちら。

こんにちは!太郎です。
突然ですが、みなさんは”チャーハン”ってご存知ですか?
チャーハンとは、美味しい中華料理の名前です。
ご飯と具がパラッと炒められていて、とっても美味しいんですよ〜
一見難しそうなこの料理ですが、実は割と簡単に作れるのがgood point!
10分くらいで作れるので、みなさんもぜひ料理してみては?

文字数:156字

一つ目の文よりも漢字が多めですね。
一方英字は少なめです。
スマホの場合キーボードの切り替え回数が少なくて済みそうです。

ビジネスで使いそうな文章

そして、三つ目の文章はこちら。

太郎様
〇〇会社の次郎です。
お世話になっております。
先日は弊社にご足労いただきまして、誠にありがとうございました。
さて、ご依頼いただいたお見積もりついて、見積書と参考資料を添付いたしました。
ご査収くださいますようお願い申し上げます。
今後ともなにとぞお引き立てのほどよろしくお願い致します。

〇〇会社
次郎

文字数:149字

これが一番簡単でしょうか。
○○以外は日本語と句読点の文章です。
スマホとパソコンで一番差が出づらいと予想していますがどうなるでしょうか・・・?

使うスマホとパソコンのキーボード

スマホは

  • iPhone 6s

を使います。

また、パソコンのキーボードは

  • Windowsはサンワサプライ SKB-KG3BKN
  • MacはMagic Keyboard

を使います。
どちらも日本語(JIS)配列です。

(ちなみに、タイピングでの文字入力に「かな入力」がありますが、くまぺはへっぽこなため、かな入力ができません。なのでローマ字入力での計測です。ご了承ください。)

さあ、それでは早速時間を計ってみましょう!

検証結果

タタタタ・・・

ササササ・・・

タタタタタタタ・・・!

サササササササ・・・!

ンタタタタタタタタタタタタタタ!!!!!!!!!!!

ンサササササササササササササ!!!!!!!!!!!

ふう・・・

さて、結果はこのようになりました!!

– 結果発表 –

入力したテキスト スマホ パソコン
1:LINE文 01:37.23 01:38.75
(01:41.77)
2:ブログ文章 01:26.56 01:43.68
(01:28.73)
3:ビジネス文章 01:15.77 01:26.92
(01:19.98)
合計タイム 04:19.56 04:49.35
(04:30.48)

と、いうことは・・・!

なんと、スマホの方が速かった・・・!!

考察

なぜスマホの方が速かったのか

スマホの勝因としては、やはり予測変換にあると思います。
一般的な言葉であれば、予測変換で数文字分の入力を省くことができます。

おそらく予測変換が無かったらパソコンの方が速かったでしょう。
スマホの予測変換機能はすごいですね!

パソコンの文字入力の利点

では、「全ての文字入力はスマホでするべきなのか?」というと、もちろんそんなことはないです。

パソコンには何と言っても「画面が大きい」というアドバンテージがあります。
ブログなどで長文を書いたり、全体の様子を把握しながら文章を書く場合はパソコンの方が便利でしょう。

スマホの方が文字入力が速いといっても、何度も文章を読み返したりする場合はスクロールの手間が増えてしまいます。

もし両方すぐに使える環境ならスマホで大体の文章を入力して、パソコンで全体のレイアウト調整と微修正みたいなやり方もアリかもしれませんね。
ただ、その場合は入力環境を変える時間がかかりますので入力量に応じて変えましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

個人的な感想としては
「いや、スマホよりはパソコンの方が打つの速いっしょ(笑」と思っていたのでびっくりです。
スマホでも思ったより速く文字が打てるんですね・・・!

あくまで今回の検証は私個人の結果なので、
「パソコンの方が速かった!」
「断然スマホの方が速かった!」
「文章がダメ!こういう文使え!」
「俺の方が5000兆倍速く打てる!」
みたいな意見があったら教えてください!

みなさんもぜひスマホとパソコンどちらが文字入力が速いのかチェックしてみてくださいね!

ではでは〜